Y.NAGASAKA – NOKT LAB

[雑記] Apple care のスペシャリストが何のスペシャリストか分からない件。Part2

こんにちは。NOKTのナガサカです。

 

今回は  [雑記] Apple care のスペシャリストが何のスペシャリストか分からない件。

 

の続きと申しますか

結局どうなったのかと言うのを記事にしておこうと思います。

 

ブログは何が読まれるか分からない

このブログは自分の職業柄(フリーのカメラマン)、カメラ機材系の

記事が中心のブログとなっております。

 

たまにガジェット系やPCソフトなどのPR記事の依頼を受けるので

そうゆうのも書かせて頂いてますが

 

基本はカメラ系です。

 

でも何故か記事投稿以来、常にTOP3のどこかに君臨してるのが

 

[雑記] Apple care のスペシャリストが何のスペシャリストか分からない件。

 

このAppleに対してのクレーム記事になります。

 

カメラ全く関係ないのに。

 

最初は「まぁ良いんだけど、何だかな」と思っておりましたが

残念な現実として、自分と同じ気持ちをされてしまった方が多いと言うことなのでしょう。

 

コメント欄は基本閉じてますが、この記事は開放されてた

コメント欄についてですが、基本的には閉じてる状態にしてました。

 

これは炎上がコワイとかではなく、投稿時のみしか基本ログインしないので

コメントを頂いても小まめに返信することが出来ないのと

自分自身がそうゆう面はマメではないので、閉じていました。

 

元々、Appleに対してのクレーム記事はワードプレスに移行する前に

一時だけBloggerを使用をしており、その時に書いた記事になります。

 

そして移行時にコメント欄が開放になっていたので

そのままその設定も反映されたものになっておりました。

 

投稿後2年経過してもコメントが来る

こちらはmikanさんと言う方からのコメントになります。

 

「2018年の記事なのに、コメントがどんどん寄せられてますね。

それだけ皆さん苦労されているのが分かって良かったです。

ところで、この記事のケースは結局どうなったのでしょうか?気になります。」

 

おっしゃる通りで2018年の記事なのに

まだコメントを頂く感じになっております。

 

実は以前に

 

コメントは控えたのですが消費者生活センターに訴えようと思っています。

その様なお考えはありませんでしたか?

 

とメールをくださった方がいました。

 

正直、訴えたい気持ちはありましたし

汚い言葉になってしまいますが

 

心の底から「クソ企業くたばれ」とも思いました。

ですがもう正直面倒くさいと言うのと

 

ググると2010年前後の時点で

その類の記事や書き込みが出てきます。

 

つまり、10年単位で企業体質が変わってないのと

もうこんなことに時間を使いたくなかったので

 

自分は訴えませんでしたし

直接メールを頂いた方にも

 

その旨をお伝えさせて頂きました。

 

ここから本題です

前置きが大分長くなってしましたが

ここから本題になります。


結局どうなったのか?

交換修理なら Apple care で対応可能とのことだったので

後日、ヤマトが引き取りに来てくれ、修理に出すことに。

 

そして工場で初期不良と認められれば、無償で修理をする運びに。

 

ただ初期不良じゃないと判断された場合は有償になる可能性もあると。

 

そしてその時点で返品希望の場合はweb販売のチームにご連絡してくださいと。


有償っておかしくない?

「初期不良じゃないと判断された場合は有償になる」

これおかしくないですかね?

 

そもそも初期不良で電話してるんですけどね。

返品希望なのに、そっちの都合で交換修理対応ですからね。

 

ってかどの道、保証期間内でしょうがって話です。


 

上記の2項目は以前の記事からになりますが

この後のことになります。

(約2年前のことなので多少の誤差みたいのはありますが、全く盛っておりませんので

その点だけご理解頂けると幸いです)


まず、前記事の通りヤマトに集荷に来て頂き

工場に持って行って頂きました。

(ヤマトが時間通りに来たことに無駄に感動した記憶あり)

 

その後、1週間くらいしてからAppleより電話がありました。

 

結論を先に書くと

 

「初期不良ではないので、有償修理になります」

「ふぁっ!!!!!!??????」

 

「えっと理由をご説明頂けますか?」

 

「ご指摘の通り、再生が急に止まったりなどの症状は確認出来ました。

ただ傷があるので対応出来ません。落としましたか?」

 

「いいえ。数回しか使ってないですし落としてないです」

 

「ですが傷があるので、無償での修理は出来ません」

「それは整備済み品だからではなく?」

 

「そうではありません」

「じゃあ再生が急にとまったりスキップされるのは何でですか?」

 

「落としましたか?」

「だーかーらー落としてねーって言ってんだろ!こいつらは一体、何語なら伝わるんだ!(心の声)」

 

何のスペシャリストか分からない、スペシャリスト集団に電話する

工場との電話はここで一旦切らせて頂き

その後、何のスペシャリストか分からない、スペシャリスト集団に電話しました。

 

例の如く15分だか30分だか待たされ

またまた一から全部説明。

 

もろもろ説明し終わった後で言われたのが

期待通りの

 

「傷がある場合は出来ない」

 

と言うこと。

 

落としてない旨は伝えたが

やはり返ってくる答えは

 

「傷がある場合は出来ない」

 

「分かりました。良く覚えてないけど、鍵と一緒にポケットに入れてしまった可能性もあるだろうし

落としてはないけど、何か硬いものと触れてしまったかもしれない。

 

傷がと言うなら、故意ではないにしろ付けてしまった可能性もある。

 

でもそれ以前に最初から曲が止まったり、スキップしたり

呼んでもいないSiriが反応し出すのは何故?」

 

「傷があるので…」

 

「つまりどうとも出来ないと?無償保証期間1年の意味は?」

 

「無償でご自宅にお届けすることでしたら可能です」

 

「なるほど。そうゆうことなら、このままCS本部に繋ぐか

こっちから電話するから番号ください」

 

と伝えると若干しどろもどろに。

 

ここからの細かいことは端折らせて頂きますが

 

この人達はコールセンターの派遣さん(バイトさん?)達で

Apple社の人間ではない。

 

つまりCS本部と言うのがあったとしても

繋ぐことが出来ない。

 

仮に出来たとしても

多分おっそろしい時間を有するのかと。

 

Appleとどうゆう契約になっているのかは分かりませんが

悪く言えば現場の人間(何のスペシャリストか分からない人達)で終了してくれ的な

感じだと思われます。

 

この電話の時は良くも悪くも、こうゆう対応に慣れていたので

声を荒げたりとかは当たり前のようにせず(大人なので)

 

ただただ淡々と話していました。

 

そして何となく思ったのは

 

「きっと毎日、こんな対応してるだろうな。そりゃ病むわな。この人死ななければ良いけど」

と何だか可哀想になってきてしまいました。笑

 

下請けであるコールセンターは、お上(Apple)には絶対に逆らえない。

 

これはフリーランスのクライアント絶対主義的な部分とある意味似てて

システムの問題で人の問題ではないなと。

 

スペシャリストは確かに対応が悪い人が多かった。

でもそうなってしまう社風とか、そうゆうシステムの闇が深すぎるなって感じでした。

 

で、正直どうでもよくなってきたので

 

「もう面倒いし、どうでも良くなったから聞きますけど

これあなたならどうします?だってただのゴミですよねコレ?」

 

「私でしたら、どこかに売りに行きます」

 

「ふぁっ!!!!!????? えーーーーーーーーー!!!!????」

 

もう何か色々ビックリ!

 

その後

これは本当に写真を撮っておけばと後悔しているのですが

とりあえず返送してもらい、現物をチェックしました。

 

確かに傷はあった。がしかし!

 

これ普通に使ったらつくレベルじゃない?って感じでした。

 

で、そもそもこれが最初からなのか、自分が付けてしまったのかの

判断が全くつかないし、例え付けてしまったものだったとしても

 

ソフト的なエラーの説明はどうなる?????

 

で、捨てるのも売りに行くのもあれでしたので

理由を話し友人に差し上げました。

 

スケジュール管理(手帳代わり)にタブレットか

スマホを買おうとしていたみたいだったので

 

音楽聞けないけど、スケジュール管理くらいは

出来るからどうぞと。

(今も使ってるかは知らんですが…)

 

この一件以降、Apple製品は買ってない件

仕事上、Mac優位ではありますが、次にパソコンを買い換える時は

Windowsで良いかなと思っています。

 

と言うのも現像ソフトや編集ソフトもパッケージではなく

サブスクになってますし

 

クライアントさんでもWinメインの会社さんが増えてきたので。

 

正直、スペックの面でも

 

WinのゲームPCとかで写真と映像の処理すると

恐ろしく早かったりします。

 

あと値段もMacの半分以下。

 

現状、今ある MacBook Pro で仕事が出来てるので

買い替え、買い足しはしてませんが

 

次のApple製品の購入は無いと言うのが

正直な本音です。

 

関東近郊にお住まいなら渋谷の修理屋がおすすめです

パソコンドック24

https://www.pcdock24.com/shop/tokyo/shibuya.html 

 

これ案件とか、紹介料とか頂いてるとかでなく

普通におすすめです。

 

今使ってる MacBook Pro が調子悪くなった時に

速攻で割安で対応してくれました。

 

多分Appleに電話してたら

また不毛な時間を使うことになっていたんだろうなと。

 

Mac製品の修理はどこでも良いので

こうゆう店舗系に出す方が手っ取り早いですし

良いと思われます。

 

終わりに

本来でしたら、この記事を読む方が少ない方が良いと思います。

 

2年前の時の自分は不満が溜まりまくったので

思わず記事にしましたが

 

きっと前記事にコメントくださった方も

不満が溜まりまくってコメントくださったのだと思います。

 

とりあえず汚い言葉を吐くのも

全く使えないスペシャリストに暴言吐くのも

 

こっちの気分が害されてあれですので

 

いっそのこと、これは通常では出会えない

高尚なギャグなんだと思ってみてはいかがでしょうか。

(裏を返せば、そう思わないと腹に落とせないレベルということですね)

 

自分はこの一件以降、クライアントさんの言う

結構無理な要求が可愛く思えるようになりました。

 

個人的に思えばそれは良かったことになるのですが…

 

お客様対応と言う面で言うとApple社に関しては

心の底から全くリスペクト出来ない会社になっております。

 

ジョブズのスピーチが好きだっただけに

少し残念に感じてしまいます。

 

 

この記事はあまり参考にならいない方が良いんですが

少しでもスペシャリストの対応に苛立ってる気持ちが収まってくれたら嬉しく思います。

(今後はもう、これ関係の記事書かないと思います)

 

それではまた

AD


コメント (2)
  1. アバター Sara より:

    なんのスペシャリストかわからない…ほんと、よく言ってくださいました。まったく同感です。
    私も、この1週間、アップルのオペレーターと不毛なやりとりをしました。

    私の場合、ヤマト便の破損事故が原因なのですが、とにかく何度も同じ内容をオペレーターが、変わるたびに説明する羽目になったのには、びっくりしました。

  2. アバター mikan より:

    ナガサカさん、お忙しいところ記事を上げて下さりありがとうございました!メインではない話題にもかかわらず、改めて記事としてまとめて下さり恐縮です。拝見しましたが、すごく辛い体験でしたね。私なら耐えられません。
    ナガサカさんとしては不本意かもしれないですが、おそらくコメントはまだまだ伸びるかもしれません。というのは、ここに至るまで知恵袋とか掲示板も見たのですが、どうもあちら側擁護のコメントがあったり、情報が不確かで断片的だったりで、「で、結局自分の場合どうすればいいんだ?」というところが釈然としない。まとめサイトみたいな所があればベストだったんですが、こちらのブログが検索上位だった為、拝見する流れとなった次第です。(以前上げて下さった続きの記事にございました価格コムのコメントも現在削除されているようです。)今のところ数々の皆さんのエピソードが一気に見られるこの場は貴重でして、「どういう対応をされる可能性があって、どういう説明をしても無駄なのか」というのを事前に知る事が出来たのは非常に助かりました。本来あってはならないのですが、他の方が同じような目にあった時の為にも、引き続き記事を置いておいて頂けたら有難いです。
    文が長くなり申し訳ありません、まずはご一報まで。ブログ頑張って下さい〜!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。