[レビュー] 超望遠レンズ SONY FE 100 400 GM OSS

 

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

 

SONYのプロサポート経由で

FE100-400をお借りすることが出来たので今回はその使用感などを紹介しようと思います。

 

MTF曲線など。

 

 

SONY FE100 – 400 のスペックレンズ構成:16群22枚

MTF曲線

 

最短撮影距離:0.98m

最大撮影倍率:0.12-0.35倍

焦点距離イメージ:150-600mm

フィルター径:77mm

質量:約1,395g(三脚座除く)

 

この画像の通り、MTF曲線とても優秀です。

一週間程、メーカーからレンタルしておりまして

 

撮影内容としては講演会、企業イベント、舞台などの撮影で使わせて頂きました。

(ちょうどレンタルした週に、良い撮影があって良かった)

 

本来ならサンプルの写真を沢山アップしたいとこなのですが

著作権など諸々、大人の事情により出来ないので

 

使ってみた所感を書かせて頂こうと思います。

 

所感など。

 

・AF物凄い優秀。


ボディはa7Riiをメインに使用。

a7iii/a9等と比べると

ボディ側のAFは劣る機種になりますが

講演会、舞台の撮影の際、バシッと気持ち良いくらいきてくれました。

そしてAF速度の十分過ぎるくらい良いです。

 

・レンズの解像度が高い。


これは言わずもがなだと思います。

と言うよりGMだし、値段が値段だし低かったら怒ります 笑

 

撮影後にPCで見た時に再度、ハッとすると言いますか

「GM凄いなー!」と思わず口に出てしまいました。

 

クリアで、コントラストが程良く、シャープなレンズです。

 

・このレンジで1395gは軽量の部類に入る。


ミラーレスシステムとしては重量級になりますが

フルサイズ 100-400mm と言うレンジを考えると

 

軽量だと思います。ただ大きいレンズと小さいボディと言うのは

 

若干バランスが悪く、特に縦位置の時のホールド感が悪いので

自分の場合、縦グリップを付けて撮影してました。

 

 

ミラーレスシステムで縦グリップを付けると

あまり小型化の意味が無いように感じますが

有無だとやっぱ有りの方が、絶対的な安定感があります。

 

・優秀なブレ補正


公表何段と言うのが不明なので分かりませんが

体感的に3.5-4.5段程度の補正が効いてるんじゃないかと思いました。

舞台撮影時の露出データをここに書いておきますと

 

絞りF5.6 , シャッター速度 1/80 , ISO1600

 

これで難なく撮れてました。

ただ1/80だと被写体ブレがシーンによってはあると思いますので

 

参考程度に。

 

・ズーム操作感調整リングは好き嫌いがありそう。


この赤枠の部分になります。

 

どうゆう機能かと言いますと

ズームリングの固さの調整リングになります。

 

SMOOTH / TIGHT とあり

SMOOTH側だと文字通り、とてもスムーズなのですが

 

レンズを下に向けると勝手に伸びてしまいます。

 

TIGHT側だと伸びませんが、非常にズームリングは重くなります。

 

これはこれで良い機構なんだと思いますが

どちらかと言うと、ロックボタンでの対応の方が嬉しかったなと。

 

この部分だけ使いにくく感じました。

 

FUJIFILM 100 – 400 との比較

FUJIFILM 100 – 400 との比較画像になります。

若干FUJIFILMの方がフードが長いですかね。

 

ただ手に持った感じとかは

ほぼ変わらないです。

 

購入はするの?しないの?問題。

 

うーん。悩ましいですね 笑

 

今の段階ではと言うことになりますが

多分、購入はしません。

 

理由としましては

 

すでに FUJIFILM の超望遠(100-400)を所有しており

このレンズがとても良いからと言うのがあります。

 

FUJIFILM 超望遠ズームレンズ XF100-400mmF4.5-5.6 R LM OIS WR
富士フイルム (2016-02-18)
売り上げランキング: 263,289

 

あと自分の撮影的に600mmまでがマストで必要で

FUJIFILMはAPS-C機なので35mm換算150-600となり

 

かなり使い勝手が良いレンジになっているから。

(SONYもクロップ or a6500等のAPS-C機を使えば同じです)

 

当初、FUJIFILMの機材をすべて売却して

FE100-400の購入資金に当てようと考えていました。

 

ですが、ふとしたことから

またFUJIFILMを良く使うようになり

 

SONYと混ぜて使うことを考え

コントラストを詰め気味の設定で使っていると

物凄く良いのですね。

 

コントラストを詰めてるので硬調側に触れるのですが

FUJIFILM らしい軟調具合が良い按配で残り

 

また FUJIFILM の100-400 は色乗りが他のレンズより

良いので、言葉では表現しにくいのですが

 

物凄い良い画に仕上がります 笑

これはこれで別記事にしますね。

 

SONY FE 100 – 400 ですが

超望遠を持っていなく、

 

尚且つ400mm or クロップ 600mm までが

必要な人は若干値は張ってしまいますがマストで買いのレンズだと思います。

 

自分も FUJIFILM100-400 を持っていなければ

確実に買っていたなと。

 

画はGMなので、文句は無いですし

使ってみると素直に「スゲー」となるレンズです。

 

いつかは欲しいレンズの部類になりますが

 

出張用に軽量の 70-300 のGレンズも良さそうだなと思っているので

もしかしたらそちらを購入してる可能性は高そうです。

 


本当レンズ沼は深いですね 笑

それではまた

 

 

AD


>NOKT

NOKT

PHOTOGRAPHER
YOSHINOBU NAGASAKA

映像編集の会社を経て、スチールカメラマンとして独立。
自然光を活かした撮影を得意としています。
都内大手式場にて婚礼撮影を主に学び、並行して医療誌、地域情報誌他、ライブイベントなどの撮影を始める。
現在、企業案件(社内報,広報誌,機関紙)、ホームページ用各種出張撮影、ウェディング、ポートレイト、講演会、企業イベントなどを主に撮っています。 撮影依頼、お問い合わせはコンタクトページ​よりお願い致します。

CTR IMG