[レビュー] FUJIFILM X-T2 用 バッテリーグリップ VPB-XT2

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

今回はFUJIFILM X-T2 用のバッテリーグリップの紹介となります。


裏面。

NORMAL/BOOSTモードの切り替えスイッチ。

フォカースボタン。

AE-L / AF-L ボタン。

シャッター速度のダイヤルが付いております。

 

グリップのシャッター周りになります。

 

FnボタンとQボタン。

 

これ良く考えられてるなと思いました。

特にQボタン。

 

ファインダー覗いたまま操作出来るので
とても助かります。

 

さすがFUJIFILM。

反対側になります。

画像の通り、9Vバッテリー端子とイヤホンジャックになります。

バッテリー端子ですが、グリップにバッテリー入れてそのまま充電出来るので

とても便利です。

 

あとイヤホンジャックですが、これはボディ自体に実装して欲しかったなと。。。

バッテリーはグリップ側に2つ入る仕様になっています。

これはFUJIFILMの良いとこなのですが

ボディー側に1つ入れたまま、グリップの装着が可能なので

 

合計3つ入れることが可能です。

 

1日、外でイベント撮影などの時は非常に助かりますね。

X-T2に装着した図。

 

これはaシリーズにも言えたことですが

やっぱグリップ付けると大きいですね 笑

 

大きい繋がりで XF100-400 を装着。

 

基本、X-T2にバッテリーグリップを付ける時は

この100-400とセットになります。

 

小型軽量ミラーレスではなくなりますが

 

実際問題、超望遠100-400を使用する時は

このバッテリーグリップは必須かなと。

 

バランスが良くなると言うのは大前提としてありますが

100-400が結構バッテリーを喰うレンズでして

(手ぶれ補正が5段分効くので、その分バッテリー消費が激しいです)

 

バッテリーがボディ側に1つだけでは

少し心許ないかなと。

 

Xユーザーの方でグリップを使用する方って

多分、自分の様に望遠使用が前提にある方が多いと思いますが

 

通常のXF16-55などでも安定感は増しますし

持っておいても良いアイテムだと思います。

 

それではまた

 

created by Rinker
富士フイルム
¥17,800 (2020/10/26 15:44:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

AD


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。