台湾移住は出来なくてもデュアルライフは可能なんじゃない?

台湾移住は出来なくてもデュアルライフは可能なんじゃない?

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

 

今回はカメラ機材レビューとかではなく

日本と台湾でデュアルライフとかしたいなぁって記事です。

 

台湾現地ツアーならMyTaiwanTour!

デュアルライフと言うライフスタイルを数年前に知った。


これは台湾でと言う理由ではなく、ライフスタイルとして

日本と他国でのデュアルライフを送ると言うのは

 

数年前から自分の憧れの一つとしてあるんですね。

 

created by Rinker
¥1,320 (2020/10/28 23:43:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

日本とニュージーランドでデュアルライフを送っている

四角大輔さん。

 

この本、何回読んだかなと思うくらい大好きな本。

 

現在、本は全てデータ化したのですが

これはその中でも毎月読み返している一冊です。

 

created by Rinker
¥1,595 (2020/10/28 23:43:58時点 Amazon調べ-詳細)

 

こちらは日本とハワイでデュアルライフを送っている

本田直之さんの著書。

 

デュアルライフと言うと

この方達がパッと思い浮かぶ人が多いと思いますが

 

自分もこの人たちに憧れた口です。

 

海外に行くと毎回思うこと。


「五感が研ぎ澄まされるなぁ」

 

旅行でと言うより、今まで仕事で海外に行く機会が多かったせいか

この感覚をとても感じるんですね。

 

日本に居ると小さいことでもイラッとしてしまうこともありますが

向こうだと、全て勝手が違うので小さいことでも、大きな感動になるし

 

いつもの数倍(治安面も含め)色々な部分に無意識的に気を使うので

しっかりと自分の感情を感じることが出来る。

 

「しっかりと自分の感情を感じる」

 

これって実は凄い大事なことだと思っています。

 

結構置き去りにして、身を粉にして仕事してる人も多いと思うのですが

(自分も数年前はその口でした)

 

それは色々な意味でよくないです。

 

まず、感謝が「感謝しなきゃ」と思わなきゃ出来ない。

(場合によってはそれすら難しい…)

 

それってオカシイですよね。

 

AIではないので人間らしく生きたいなって思います。

 

そろそろ行動に移す時なのかな?


「デュアルライフをしたい」

そう思ったのは多分2年前だと思います。

 

当時の(現在も)憧れはニューヨークと日本での生活。

 

そう思ってから英語の勉強をスタートし(最近はサボり気味)

ネットで調べたり

 

年齢的にワーホリは無理でも

短期語学留学とか諸々考えてました。

 

でも自分の中で現実にしたいと言うより、憧れな部分が強く

何だかそこに現実感がないまま数年経過し現在に至る。

 

仕事の契約等で今すぐはもちろん無理。

(強行突破しようと思えばそれは可能なんだろうけど、諸々仁義は通したい)

 

でも台湾なら可能性としてありなんじゃないかと

この数ヶ月思い始める。

 

何故、台湾なのか?


一つはビザの問題。

台湾は日本国籍所有者の場合、3ヶ月はビザなしで居れます。

 

そしてもっと言うと一旦出国して、またすぐに入国する

俗に言うビザランが規制されてないので

 

居ようと思えば、正直ずっと居れる可能性が高い。

 

航空券もLCCなら大体3万程度。

 

アパートなどは半年及び一年の契約で

一括払いが多いらしく、先に払っておけば

 

都度ホテルを取る必要もなく

荷物もある程度置きっぱでも良い。

(仮に泥棒に入られても大丈夫なような物だけ)

 

あと台湾人の友人に聞くと、お金をしっかり払えば

貸してくれる大家さんは多いらしく(法律的にはグレーかもしれないが)

 

住居問題はそんなに苦労しなさそうだなと思った。

 

賃料に関してもシャワー、トイレ付きで

安いとこなら日本円で月2万程度。

 

年間24万なら、経費的にも問題ないし

仮にデュアルライフを送ると考えると十分に有りだなと思った。

 

あと食事は、ほぼ外食文化で自炊は基本しない国。

 

そして何より安くて美味い。

台湾は出張で4,5回くらい行ってると思うのですが

 

食べ物で困ったことはなく、むしろ好きな感じ。

(屋台は安いのですが、フードコートや大戸屋等の日本企業の店はむしろ高いです)

 

自分の場合、屋台飯が好きなので、食べ物問題はほぼクリアだなと。

 

あと言語ですが、中国語は全く出来ませんが

台湾に居る際、自分の拙い英語で不自由ないので

 

正直なんとかなるんじゃないかなと思っています。

 

ただ台南あたりでは無理な気もしますが

台中なら大丈夫ではないかと。

 

台北も問題ないですね。

ただちょっと物価が台中と比べると高いけど。

 

つまりのとこ、基本的に台湾めっちゃ好きだし

自分に合ってる気がするわけです。

 

 

お金はどうやって稼ぐのか?


就労ビザがないので、現地採用などの仕事はもちろん無理。

仮で出来たとしても、言語の面で無理。

 

この記事を書きながらパッと思いつくもので書いていくと

 

可能性としてはクラウドワークスランサーズなどを利用して

ライター業的なものであったり、web関係、デザイン関係などの

 

案件を受注していく。

 

日本では安い案件でも

それを台湾ドルに両替すれば、別に困らない金額と言うか

 

物価が大体1/3程度なので

 

日本ではスルーしてる案件でも、有りになる部分は大いにありえる。

 

自分はライターではないですが、専業でライターされてる方などは

結構可能なのかなと思ったりもします。

 

それ以外だと、自分の場合、本業がカメラマンなので

 

日本人カメラマンと仕事したい台湾企業をみつけ(間にもちろん誰か入ってもらうけど)

案件受注での成功報酬型で売り込んでもらう。

 

もちろんフリーランスとして。

 

ただこれはあんまり現実的じゃない。

 

あとは台湾に新婚旅行or婚前旅行などで来るカップルであったり

家族旅行での写真撮影の専門サイト(日本人向け)を作って受注するなど。

 

パッとだしのあれなので、可否は置いておきますが

現地で日本円を稼ぐことが出来れば、正直、日本に居るより良い生活は出来るわけです。

 

あとは C to C と言うことで考えると

Craiglistなどを使用してみるのもありかなと思ったりもします。

https://taipei.craigslist.com.tw/

 

台湾出張が直近であるから色々聞いてきたい。


実は来週あたり、出張で台湾に行ってきます。

 

年始から「台湾デュアルライフ良いな」と思っていたので

現地のコーディネーターさんやらに

 

ご飯の時など色々聞いてきたいなって思ってます。

 

とは言え当たり前ですがクライアントさん同席ですから

今回の仕事の話がメインになるでしょうし

 

空き時間とかでね。

 

まとめ


今回は自分の夢物語をダーっと書きましたが

台湾のデュアルライフを全く考えてないわけではありません。

 

理想を言えば、寒い時期(1,2月)は、むしろタイにいれないかなとも

思ってるくらいだったりします。

 

日本と他国での2拠点生活って案外してる人も多いですし

これからもっと増えていくんじゃないかなって思う部分もあります。

 

シムテム作る人などの場合、実際どこ(どの国)で作業するって

あんま関係ないでしょうしね。

 

時代の変化と共にライフスタイルって変わっていくものだと思うので

自分もデュアルライフや、はたまたそれ以外の選択肢やらを

 

いつも考え続けていたいなって思ってます。

 

それではまたっ

 

AD


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。