toggle
2019-03-05

[レビュー] SONY a7Riii & CONTAX Carl Zeiss 50mm F1.7 MMJ

こんにちはカメラマンのナガサカです。

 

今回はContax Carl Zeiss 50mm F1.7MMJ

俗に言われるヤシコン50mmの安い方のレンズを

SONY a7Riii に付けて簡単にスナップしてきましたのでそのレビューとなります。

 

外観レビュー

SONY  a7Riii に付けるとこんな感じ。

これはこれでカッコイイ。

 

ちなみにレンズとレンズアダプターがほぼ同じくらいの大きさです。

 

レンズアダプターは安定のK&F concept 。

安価で良く出来ていると思います。

 

それでは実写編レビューといきましょう!

 

実写編レビュー

レンズフードなしと言うこともありますが

右斜め上からの逆光でゴーストが発生しております。

 

逆光耐性はそんなに強いレンズではありませんが

それはそれで。

 

安定のボケですね。

ちなみにボケは海外でもBokeh(ボケ)で世界共通語になってます。

 

カモ!めっちゃカモ!

 

この写真の自然な立体感が好きですね。

最近のバキバキレンズ達とはまた違う感じです。

 

前の記事でsonnarよりのplanarと書きましたが

石をとってもいけます。

質感良い感じ。

 

太陽は真上ですが

この感じでフレアがブワーとなります。

(フードつけましょう!)

 

ヤシコン用には多分ここら辺がオススメです。

 

自分も今後買ってつけます。

 

時計いっぱい!

 

時計いっぱい!2

ここ若干コワイなって思いました。

 

からの猫。

絞り解放(F1.7)での撮影です。

顔には合ってますが、尻尾あたりはもうピンがきてないのが分かると思います。

 

ここの2枚の写真はある意味分かりやすいなと思ったのですが

CarlZeissは総じてハイライトの粘りが良いなと思います。

 

これはコシナツァイスでも同様。

 

もちろんツァイスを使う理由は他にも沢山あるんですが

このハイライトの粘りも自分がツァイスを好きな理由の一つです。

 

プラナーなのに石系も良いですね。

 

 

まとめ

 

以上となりますが

いかがでしたでしょうか?

 

とりあえずヤシコン楽しいですね!

 

さすがに30年前のレンズですので

逆光耐性は今のレンズ(例えばNikonのナノクリ等)と比べると

さすがにそこは負けますが

 

レンズの解像度、立体感、そしてツァイスの出す空気感とでも言えば良いでしょうか。

 

そこはさすがだなと思うレンズでした。

 

最近、仕事でもこうやってプライベートでも

マニュアルレンズばかり使っていますが

 

案外慣れるとマニュアルのが撮りやすかったりもします。

 

あと写欲とでも言うんですかね。

 

「写真を撮りたいなっ」と自然と思えたりするので不思議なものです。

 

そしてこのヤシコン50mm F1.7(通称:安い方のプラナー)は

物凄くピン山が見やすいです。

 

良い玉を探すのが、少し難しくなってるかもしれませんが

気になった方は是非ゲットしてレンズ遊びをして頂きたいなと思います。

 

それではまた

 

CONTAX コンタックス Planar 50mm F1.7 T* MMJ
コンタックス
売り上げランキング: 679,835

 

関連記事

コメント2件