[レビュー] SONY a7Riii & CONTAX Carl Zeiss 35mm F2.8 MMJ

[レビュー] SONY a7Riii & CONTAX Carl Zeiss 35mm F2.8 MMJ

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

今回は ヤシコン35mm F2.8 をSONY a7Riii につけてスナップしてきたので

そちらのレビューとなります。

まずは外観から。

50mm F1.7 プラナーの時もそうですが

このレンズはFUJIの方がやっぱ似合います。

 

でもこれはこれで良いのです。

 

では早速、実写編といきましょう!

 

Carl Zeiss 35mm F2.8 実写編@三渓園

かも!かも!

35mm と言う画角でF2.8なので

そこまでボケるレンズではありませんが

 

寄ればこのくらいのボケは作れます。

 

ただこのレンズ、ボケを活かした撮り方をするレンズではないかなと。

良く言えば質実剛健。悪く言えば地味。

 

このカットでも分かる様に

ヤシコンってフィルム時代のレンズですから、逆光耐性が強いレンズではありません。

 

上部のハイライト部分にパープルフリンジが大量発生してるが分かると思います。

 

こうゆうカットも悪くないんですが

どちらと言うとプラナーに任せた方が良いカットですね。笑

 

ここら辺の室内写真は結構分かりやすいのですが

樽型の収差が見受けられます。

 

単玉とは言え、35mmは準広角になりますし

全くないわけではないのですね。

 

ただこの程度なら、ソフトで修正出来ますし

自分の中では全然実用レベルであります。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ヤシコンの35mm F2.8ですが

 

35mm の F2.8 と言うスペックから見ても

派手なレンズではありませんし、プラナーの様に

 

「あぁこのレンズ良いなー!」

 

みたいな感動はあまり無いレンズではあります。笑

 

写りを見てもらって分かるように

どちらかと言うと硬調寄りでキラキラとかフワフワとか

 

その類いとはある種、反対側に居るレンズかなと。

 

と言うか35mmでF1.8とかの明るいレンズが沢山出てる今

あえてヤシコン35mmを買う人間って

 

単純にヤシコンを使いたい人間か

オールドレンズコレクターかコンタックス沼の住人かになるでしょうね。

 

あとは現代の大きくて重いレンズが嫌な人。

 

ただこのレンズ先述の通り、凄い地味ではありますが

RAWデータを見てると

 

良く写ってると言うか、良い仕事するレンズだなと思います。

 

簡単に言うと暴れないので破綻がないレンズ。

(なので面白みも少しかけるのですが…)

 

でも自分はとても好きなレンズであります。

 

このレンズ、どちらかと言うと都会が合うと思うので

次はそこら辺を撮りに行こうかなと思っております。

 

それではまた

 

 

Contax Distagon 35mm F2.8 T* (Carl Zeiss) MMJ
コンタックス
売り上げランキング: 997,408