Sony Imaging PRO SUPPORT の面談に行ってきました!

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

先日、Sony Imaging PRO SUPPORT の面談に行ってきました!

銀座駅から徒歩1分と言っていいくらいの場所にある

SONYストア銀座。

https://www.sony.jp/ichigan/plaza/

4Fがαシリーズの階で5Fがオーディオやらモニターが置いてあり

SONYマニアの方なら半日は遊べるんじゃないかと思えるほど楽しい空間。

 

その6Fにプロサポートの窓口があり

先日、面談に行ってきました。

Sony Imaging PRO SUPPORT

簡単に言うとソニーのプロサービスになります。

Nikonで言うとNPS。FUJIFILMで言うとFPSがそれに当たります。

 

SONYの場合、規定の条件をクリア(書類審査)後に担当者と面談。

後日、合否の連絡があり問題が無ければ、Sony のプロサポートを受けれる運びとなります。

まだ面談して日が浅いので、合否の連絡は来てないのですが多分、大丈夫なんじゃないかなと思っております。

(結果は後日、ブログで書きます)

 

面談をして思ったことがいくつかあったので
それを少しばかり書こうかと。

 

1.面談とかあるのか!?と思った。

 

現在は NPSもあるみたいですが

自分が入った時は、そうゆうの無かったので

 

「何聞かれるんだろう?」とちょっとドキドキしました。

 

FUJIFILMのプロサービスの時も面談って確か無く、書類審査だけでした。

 

ですが、結果として面談ってある方が良いなと思った次第でした。

 

2.言いたいことを素直に言え、それが開発部門に伝わるのは嬉しい。

 

SONY製品(αシリーズ)を使用してみての感想と言うのを

求められましたので素直な意見を今回、伝えてみました。

 

自分の場合、一番思っていたのが

 

・インターフェースが全く洗練されてなく、正直使いにく過ぎる。

 

a7iiiにはマイメニューがあるので良いが、無かったらゴミレベル。

初めて触った時に、「開発者、マジで何考えてんだこれ!?」と本気で思った。

 

・カメラ設定をSDカードなどに保存出来ないのが、ストレス。

 

αシリーズは階層が深く、機能の多いカメラなので、故障時に

設定を一からしなおすのにどれだけ時間がかかるかと思うと呆然とする。

 

上記二点は他のプロからも同様の声が上がっており

開発部門にも伝わっているみたいです。

 

その他にも、開発予定のカメラのことなど

気になった部分を沢山聞けたのはありがたかったです。

 

3.柔軟性

 

これは上記の1.2の続きになるのですが

 

カメラメーカーの場合、あまり、先述のことなどを伝えても

改善されないと言うか「そうですか」で終わります。

 

特にNikonとCanonは。

 

僕がNikonを使うのを辞めた理由の一つに

 

当時あったD750のエラーをNikon側が

企業として公表しなかったと言う理由がありました。

 

詳細を書くとめっちゃ長くなるので割愛しますが

質実剛健で信頼のNikonと言うイメージが一気に崩壊した部分であり

 

当時、FUJIFILMにマウント移行を決意した要因の一つでした。

 

SONYの柔軟性と言う部分で何故そう思ったかと言うと

担当者の方から「うちは家電メーカーですからね」と聞けた部分。

 

これは言葉だけ取ると悪い印象かもしれませんが

 

家電メーカーなので、カメラとしてではなく

製品として面白く、ガジェットとして面白い物作りをしている。

 

インターフェースが洗練されてないと先に書きましたが

 

「プロの方含め、ユーザーの要望に応えようとしたら、あんなに階層が深くなってしまいました 笑」

とおっしゃっており、なるほどと妙に納得してしまいました 笑

 

と言うのもカメラメーカーなら

 

絶対ソニーの様なインターフェースにはなってないだろうし

意見を聞いて、それを素直に取り入れることはしない(出来ない)なと思ったからです。

 

カメラメーカーにありがちな頭の固さがなく、

嫌いだったSONYが少し好きになってしまった瞬間でした。

 

αシリーズは写真機として見るのではなく

ガジェットとしての面白さを感じる製品ですね。

 

4.画作りのゴールの明確化

 

SONYのカメラは画作りのゴールをどこに置いてますか?

これは僕が聞いた質問なのですが

 

それに対しての答えが

ブラビア(4Kモニター)でした。

 

4Kモニター(場合によってはそれ以上)で高精細鑑賞に耐えうると言うより

そこで見て欲しいと。

 

これはレンズの話にもなってきますが

 

僕はSONYのレンズでGレンズは良いなと思っているのですが

GMは正直やりすぎと思っていました。

 

でもゴールがそこならGMの意味が分かったと言うか

納得だなと。

 

写真は大前提として「等倍で見るものではない」とありますが

多分それはカメラマンであったり、写真家が思うことだけであり

 

今の時代、大抵の人(クライアント)は

等倍で見てることのが多いのが実情ではないかと。

 

他社になりますが、FUJIFILMの場合、ゴールがプリントなので

センサーサイズによるところもありますが

 

等倍鑑賞だと解像度、解像感では全く話にならないレベルです。

 

ただそれは良い悪いではなく、写真(製品)に対する考え方の違いであると思ってます。

 

また画作りのゴールをブラビアとおっしゃったことは

良い意味で家電メーカーの強みだなと思いました。

 

最後に

 

まだ会員になった訳ではありませんが

αユーザーで写真/映像業の方は入った方が良いサービスだなと思います。

 

他社同様、貸し出し、購入予定機材のレンタルなどありますし

撮影案件によっては結構手厚いサポートもして頂けるようなので

 

僕自身、合格であることを願いたいです。

 

あと諸々話してみて、今後のαシリーズが

楽しみになった部分もあり、素直に使っていきたいなと思いました。

 

それではまた

 

※ 面談後、ショールームで触り倒し、買ってしまおうかと
一時間、本気で悩んでました 笑

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0
ソニー (2017-10-27)
売り上げランキング: 22,854

ちなみにRX100m5も同じくらい欲しいです。

 

AD


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。