「もっと自由なフルサイズへ」SONY α7C を発表!

こんにちは。NOKTのナガサカです。

SONYが α7C と言う新しいカメラを発表しましたので

それについて書こうかと思います。

 

もっと自由なフルサイズへ。

キャッチコピーがいかにもSONYらしい。

 

αユーザーから見ると α6000系のフルサイズ版がついに出たのかと

言う印象。

 

以前から噂にはなっていたので

そこまでの驚きはありませんでしたが

 

良くこのサイズにフルサイズ積んできたなと思いました。

 

サイズダウンってある意味でSONYの御家芸みたいな部分もあるので

らいしと言ってしまえば、らしいのですが。

 

SONY α7III との比較

ボディ重量がα7IIIが650gなのに対してα7Cは509gとなっております。

 

シャッターユニットが新設された様ですが、チャタリングなどは大丈夫になっているのでしょうか。

さすがに改善されてることを願いますが…

 

・SONY a7iii / a7Riii / a9 でシャッターが2回切れる現象。それチャタリングです。

 

α7C 詳細スペック

https://www.sony.jp/ichigan/products/ILCE-7C/feature_1.html 

 

メーカー公式のスペック表を見て頂けると分かるのですが

中身はほぼ、α7IIIと一緒になっております。

 

ですので、悪い言い方をしてしまえば

α7IIIの廉価版と捉えられてしまう部分もありますが

 

コンセプトが違うカメラなので

6000系が好きな人だったり

 

APS-C からフルサイズへの移行を考えている方には

良いカメラなのかなと思いました。

 

価格帯もα7Cの実売予想がボディーのみで21万前後なので

α7IIIの中古と大体同じくらいになっております。

(2020年9月現在)

 

どちらかと言うと動画(Vlog)向けの面も強い

どちらかと言うとではなく、完全動画寄りのカメラですね。

以前発表されたVLOG向けカメラのVLOGCAM ZV-1 と近い印象もありますね。

 

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥89,910 (2020/10/28 21:23:19時点 Amazon調べ-詳細)

 

個人的にα7CをメインにZV-1をサブにみたいな感じで

使う人も増えそうだなと思いました。

 

α7Ⅳに期待しつつも、α7RⅣを最終的には買いそうな気がしてる

これは主観になってしまいますが、見出しの通り、α7Ⅳに期待しつつも

α7RⅣを買うかもなって気がしてます。

 

現在、α7III / α7RIII をメインとして使ってますが

両機種使っていて一番感じるのが

 

ファインダーの解像度と背面液晶の解像度の違いです。

 

これはコスト的な観点でもあるのですが

Rシリーズより、無印シリーズの方が安い理由って

 

画素数だけでなく、ファインダーの解像度と

背面モニターの解像度がRシリーズより低いんですね。

 

使ってみるまで、そんなに気にすることでもないと思ってましたが

使ってみるとその差は歴然と言いますか

 

α7IIIの背面液晶の画面は、正直言うと

クライアントさんには見せたくないレベルです。

 

そのくらい色が出てません。

 

もちろんα7RIIIもファインダーと背面で

少し露出差があったりと完璧ではありませんが

 

割りかし、色はPCで見るのとそこまで遜色ないので

カメラで一台で撮影する時は、Rシリーズをメインにいつも使っています。

 

あと、出てくる画もRシリーズの方が好きと言うのもあります。

 

ですので、年末か来年の春までには出るであろう

α7Ⅳの発表を待って、どちらを購入するか決めたいなと思っています。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

SONYさんは最近、新製品をどんどん出しているので

ユーザーとしては嬉しい限りなのですが

 

このα7Cはもう少し写真にも寄ってくれたら嬉しかった気もしてしまいました。

 

ただ時代的にはとても支持されそうだなとも感じております。

 

動画メインの方にはかなりお勧め出来るでしょうし

写真もやるよって方はファインダーサイズや撮りやすさの面でも

 

α7IIIの方が幸せになれる気もしますね。

 

個人的に購入はしないとは思いますが

一度、プロサポでレンタル開始されたら使ってみたいと思っております。

 

それではまた

 

AD