[レビュー] HAKUBA LUFT DESIGN カメラストラップ TWILL 38

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

今回はイベント撮影用のカメラストラップとして

LUFT DESIGN(HAKUBA)の ツイルネックストラップ 38mm を購入したので

そのレビューとなります。

 

購入した理由。


これは単純にイベント撮影時用に真っ黒のストラップが必要だなと思ったからです。

 

いつもはSONYのプロストを付けてますが

黒に白とオレンジって結構目立つのです。

 

上がSONYのプロスト。

下がHAKUBAのストラップ。

 

うーん。やっぱ目立ちますね。

 

ただSONYのプロストってデザインは終わってますが

質感であったり、滑り止めの具合であったりは

 

凄い良いので、これはこれでとても重宝しております。

 

ただイベント撮影時などの黒子に徹したい時には

やや不向きなので、真っ黒のストラップを購入いたしました。

 

あとストラップの幅は38mmが断然おすすめです。

 

ファッション的に細い方が良い人はあれですが

1日8時間以上、現場で撮影してなきゃいけない場合などは

 

出来るだけ太めのストラップの方が疲れないので

自分はいつも38mm程度のものを使うようにしてます。

 

外観など。


まずはパッケージ。

箱から出す。

質感のアップ。

 

触り心地ですが、シートベルトを思い浮かべて頂くと良いかと思います。

なので正直なこと言うと滑りやすいです。

 

こちらは裏面。

真ん中あたりに滑り止めが付いております。

 

先述しましたが、このストラップ基本的に滑りやすいので

この滑り止めがないとカメラ落とす可能性が高そうです。

 

オモテ面の比較。

 

ウラ面の比較。

 

SONYのプロストはウラ面が全部、滑り止めになってますが

HAKUBAは中央部分だけなので、オモテ面、ウラ面どちらも基本的に変わらない感じです。

 

使ってみての感想。滑りやすいと言ったけど点数で言うと70点くらい。


点数で表現すると70点くらいな気がしてます。

 

滑りやすいですが、実はとても使い心地良いです。

ゴワゴワしてないので疲れない感じです。

 

SONYのプロスト含めなんですが

ウラ面が全部滑り止めのものって結構洋服にひっかかると言うか

 

すぐにパッと構えたい時に肩から取れなくと

「うんもー!」みたいになることが多々あるんですね。

 

で、このHAKUBAのストラップは基本滑りやすいので

それがなくパッと撮れる感じ。

 

ただ先述した部分でもありますが

滑り止め部分をしっかりと肩に当ててないと

 

多分カメラを落下させる危険性があるのも事実で

 

ワガママを言うとこの滑り止めが両面に

同じように付いていたらかなり良かったのになと思いました。

(滑り止めを洋服側にしていれば、まず落とさないと思います)

 

なので少し注意も必要ですが

個人的にはまぁまぁ気に入ったストラップであります。

(厚くてゴワゴワしてる系が苦手なので、そうゆう面ではこのストラップかなり良いのです)

 

今後しばらくはイベント系の撮影で使っていって

気になることとかあったらこの記事に追記していこうと思います。

 

それではまた

 

 

 

AD


>NOKT

NOKT

PHOTOGRAPHER
YOSHINOBU NAGASAKA

映像編集の会社を経て、スチールカメラマンとして独立。
自然光を活かした撮影を得意としています。
都内大手式場にて婚礼撮影を主に学び、並行して医療誌、地域情報誌他、ライブイベントなどの撮影を始める。
現在、企業案件(社内報,広報誌,機関紙)、ホームページ用各種出張撮影、ウェディング、ポートレイト、講演会、企業イベントなどを主に撮っています。 撮影依頼、お問い合わせはコンタクトページ​よりお願い致します。

CTR IMG