[レビュー ] Godox ソフトボックス 60 × 60 がロケ/取材用にかなり使える件。

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

今回は愛用しております Godox のソフトボックス 60 × 60 のレビューとなります。

 

ロケ/取材用として最適サイズ

自分が 60 × 60 を良く使う理由として

ロケ/取材用として最適サイズだからと言うのがあります。

 

出張撮影などの場合、さほど機材を設置するスペースもない場合も多く

大きな照明機材を持ちこめないこともあります。

 

そのため、このサイズ感の照明機材がとても重宝するのですね。

 

昨年くらいまで、傘での透過光が結構メインだったのですが

 

最近は多少お時間を頂ける撮影の場合は

こちらのソフトボックスを使っております。

 

外観から組み立てまで

このようなソフトケースの中に一式入っております。

 

ちなみにこちらのサイズ感ですが

リュックにすっぽり入るくらいです。

 

この感じですね。

ソフトボックスを使う時は、この画像の感じでいつも持っていっております。

 

内容物です。

ボックス本体、ディフューザー(紗幕)、ホルダー。

 

ボックスのホルダーです。

 

クリップオンを付けた図。

(今回、ブログ用に先にストロボを付けてますが、ボックス組み立て後にストロボを付けることをおすすめします)

 

ボックスをつけた図。

こう見ると 60 × 60 って中々大きいですね。

 

ボックス内に紗幕をつけます。

 

外側にも付属の紗幕をつけ完成。

 

ちなみに内側の紗幕はつけなくても良いんですが

個人的には付けてる方が光が硬くならないので好きです。

 

横から見た図。

 

今回、クリップオンをつけておりますが

取材やロケで使用する時は AD200 を付けてることが多いです。

 

 

簡単な撮影サンプル

左斜め上から、ボックス1灯でレフは無しで撮ってます。

 

レフで起こしてないのと、家での撮影のため距離もそこまで

とれないので多少の影はありますが

 

光質が柔らかいため、嫌な影の出方ではないのが

見て頂けると分かると思います。

 

60 × 60 での撮影の場合、この様な物関係か

人の場合、半身(バストアップくらい)での撮影が多いです。

 

非常に使い勝手が良いので

今後、80 × 80 も導入したいなと思っております。

 

傘や透過光も、もちろん好きなのですが

ソフトボックスもそれはそれで面白いものです。

 

それではまた

 

 

 

AD