[レビュー] レンズ交換を手軽に!Commlite レンズホルダー (ソニーEマウント)を購入いたしました!

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

今回はレンズ交換を手軽に出来るアイテム Commlite のレンズホルダーのご紹介です。

 

実はこのアイテム、SONYにマウントチェンジする以前のNikon時代にかなり

使用していたアイテムでありまして、今回やっぱり必要だなと思い再購入いたしました。

 

外観から。


パッケージはこの感じ。

 

箱から出しました。

ストラップとレンズホルダーが入っております。

 

ホルダーを袋から出しました。

 

ストラップを付けてみた図。

 

ちなみに、このストラップ最初の状態だと

こうゆう感じになってるので、このまま使用するのはかなり危険です。

 

・カメラストラップの巻き方(通称Nikon巻き)のすすめ。

 

自分の記事を紹介するのはあれですが

ストラップの巻き方は基本的にNikon巻き(報道巻き)がおすすめです。

 

レンズを付けてみました。


よく使っている SONY FE 55mm F1.8 を装着してみました。

多分、このスタイルが自分の場合、一番多いかなと。

 

推奨は出来ませんが両サイドにレンズを装着すると

この感じになります。

 

仕様として可能ではありますが

おすすめはしません。

 

と言うのもボディからはずしたレンズを

ホルダーのあいてる側につけ

 

交換するレンズをホルダーからはずし

ボディにつける。

 

と言うのがこの製品のある意味正しい使い方なので

基本はレンズ1本での使用になります。

 

ストラップは Peak Design がやっぱ良いと思う。


レンズホルダーのストラップは少し心許ないので

PeakDesign の リーシュ と言うのを使っています。

 

たすき掛けにしたり肩掛けにしたりと

その時によって変わってくるので、このストラップはNikon時代からそのまま

使っております。

 

ただ色がグレーなので、今後、イベント用途でブラックを購入しようかなと思っております。

 

レンズホルダーはこんな用途/人におすすめ。


・単玉メインで仕事をしてる方。

・普段は 24-70F2.8 辺りを使っているが、1本50mmの明るいレンズを持っていきたい撮影など。

・カメラバッグを持つのがいやな人。/ 現場的に持っていけない場合。

・ポーチなどに収納するレンズとは別にもう1本レンズを持っていきたい場合。

・イベント撮影系が多い方。

 

ちょっとした注意点。


・基本的には大丈夫なのですが、重いレンズを付けた場合

落下しないとは言い切れないので、付けるレンズは選ぶ必要があります。

(落としても自己責任でお願いします)

 

・レンズポーチではないので(クッション保護がない)、ストラップ長めでブラブラさせてると

壁にドンをぶつけ、故障させる恐れはある。

 

まとめ。


いかがでしたでしょうか。

 

先述したような注意点はありますが

基本的にはかなり便利なアイテムであります。

 

自分もNikon時代にはずっと愛用しておりましたし

SONYにマウントチェンジしてからも、買わなきゃ買わなきゃと

ずっと思っていたアイテムでありました。

 

またこうやって使い直してみると

やっぱり便利だなと思うことが多いです。

 

簡単な取材系だと 28mm と sonnar 55mm があれば

事済む場合が多いので

 

基本 55mm をカメラに付けておいて

 

引きが足りない場合にこのレンズホルダーにつけてる

28mmに交換みたいな感じで使っているので

 

カメラバッグも持たずに出来ますし

重宝しております。

 

イベントや取材などルポ系が多いカメラマンには

これ結構おすすめだなと思います。

 

それではまた

 

Commlite レンズホルダー CM-LF-E (ソニーEマウント)
コムライト(Commlite)
売り上げランキング: 116,013

 

 

AD


>NOKT

NOKT

PHOTOGRAPHER
YOSHINOBU NAGASAKA

映像編集の会社を経て、スチールカメラマンとして独立。
自然光を活かした撮影を得意としています。
都内大手式場にて婚礼撮影を主に学び、並行して医療誌、地域情報誌他、ライブイベントなどの撮影を始める。
現在、企業案件(社内報,広報誌,機関紙)、ホームページ用各種出張撮影、ウェディング、ポートレイト、講演会、企業イベントなどを主に撮っています。 撮影依頼、お問い合わせはコンタクトページ​よりお願い致します。

CTR IMG