[レビュー] あると便利な撮影小物紹介 / クリップホルダー(エレンクリップ)

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

今回は、案外あると便利なエレンクリップとアンブレラホルダーがくっついたクリップホルダーのレビューとなります。

 

エレンクリップとは?

撮影用具。正式にはエレンクリップ。アイランプをポールなどに挟むための大型洗濯ばさみ状の器具。

ランプの固定以外にもエレンクリップ単独でイラストボードや背景紙、照明用のフィルターなどを挟んで止めることができる

万能の固定器具として使われる。

同様に背景紙やフィルターを止める器具として「ピンチ」がある。

これは、大きさも形状も普通の洗濯ばさみ状のもので熱に強いように薄いアルミで作られている。

いずれも撮影では重宝な定番用具。

TMS 業界用語辞典より引用 –

 

簡単に言うと、この辞典にもある通り、背景紙などを挟んで止めるやつです。

 

 

通常のエレンクリップはそのままでも重宝するアイテムですが

スタンドにレフなどを止める場合、アンブレラホルダーと一体化してる方が個人的には

扱いやすく感じており、エレン単体よりも今回の一体型のものを良く使用しております。

 

横から見た図。

 

ライトスタンドに付けてみました。

 

横から見ると分かりやすいですね。

 

こんな感じでレフを付けて良く使用しております。

これはブログ用に小さいレフを付けましたが

実際は80×120のレフを使うことが多いです。

 

これですね。(ブログ用に横に設置してますが、縦での使用が多いです)

 

ちなみにこちらのレフは、通常の白レフに加え、金、銀、黒、透過レフとしても使えるので

かなりオススメです。

 

※ 白レフとの違いが分かりにくい部分もあるかもしれませんが透過レフです。

スタンドが透けて見えてるのがお分かり頂けると思います。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

エレンのレビューと言うより、レフのレビューみたいになってしまった部分もありますが

この2アイテムはセットで使う事が多く、最近の撮影では必ず持っていっております。

 

ワンオペで人物撮影が多い人は、持っておくと重宝する撮影アイテムだと思います。

 

それではまた

 

 

AD