[レビュー] SONY RX100M3 STREET SNAP in SHIBUYA

こんにちは。NOKTのナガサカです。

今回はSONY RX100M3 を持って渋谷をブラっとスナップしてきましたので

その写真をアップしておこうと思います。

VLOG

 

スライド

渋谷を撮りたくなった理由

VLOGの概要欄にも書いた部分でありますが

10代の頃の大半を渋谷で過ごしていました。

 

基本的に高校にはあまり行かず

バイト漬けの毎日を送っていましたが

 

今思うと、それはそれで楽しかったなと感じています。

 

20代になり、仕事以外ではほぼ行かなくなり

30代になった今は、車で通り過ぎるだけの街になってました。

 

再開発も進み、自分がある意味で

見飽きた渋谷ではなくなりつつあります。

 

渋谷が少し嘘っぽい小綺麗な街になっていくのに

何とも言えない違和感を感じてしまうのは

 

センター街とか宇田川町とか汚くて臭い方に

ずっと身を置いていたからなんだろうなと思います。

 

歩きタバコとキャッチの人達と黒人とB系(←死語?)の兄ちゃん達とか

顔面真っ黒なギャル集団とか、当時は普通に売ってたマジックマッシュルームとか。

 

綺麗な格好した人がお洒落な街を颯爽と歩くって言うのでは

無かったですね。

 

でも何だかそうゆうとこで10代を過ごしてしまったので

ある程度の汚さが見える方が、人も街も好きだったりします。

 

時間の流れと共に、人も街も変わっていくものなので

今見てる景色はいつか変わってしまうもの。

 

諸行無常を受け入れつつも

少しばかりの抵抗のために写真を撮っているような気もします。

 

コロナ関係無くなんですが

 

自分が数年前からクライアントワークにあまり身が入らなくなっているのを

どことなく感じていました。

 

ただ商いとしてカメラマンをしているので

ある程度の仕事はし続けなければならないし

 

生きていくために、当たり前ですが

シャッターを切らないといけない。

 

本来なら5年後にどうなっていたいとか

どうゆう雑誌を撮っていたいとかあるんだと思います。

 

でも自分の場合、雑誌どころか、そもそも芸能界とかに

興味が全くないので、そうゆうものが無いんですね。

 

と言うか5年計画とかそもそも無意味派の人間だったりもします。

 

写真との付き合い方と言うのも

今後変わっていくのかもしれませんね。

 

何がどう来ても全ては諸行無常。

 

受け入れ楽しく生活を送っていこうと思います。

 

次は下北沢でも撮りにいきたいですね。

 

それではまた

 

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥55,200 (2020/11/23 23:11:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

AD