こんにちは。NOKTのナガサカです。

 

今回はDJI Osmo Action 用に SmallRig のケージを購入しましたので

こちらの紹介をしたいと思います。

 

外観などから

SmallRig 製品って何を購入しても、ただのダンボール梱包なのですが

自分の場合、外箱は問答無用で捨てる派なので、この時点でかなりポイント高めなんですよね。

 

このビニールケースは撮影機材の小物を入れるのに

よく代用させて頂いているので、毎回捨てずに有効活用させて頂いております。

 

内容物はこんな感じ。

(取り付け用の六角レンチも同包されてます)

 

横から見た図。

 

後ろ。左右上部のロックをレンチではずして

DJI Osmo Action を入れる感じです。

 

こちらはマイクとスピーカー部分。

音を遮音しない設計になっております。

 

実際に装着してみましょう

ケージにマウント装着用のパーツを付けていきます。

 

こんな感じ。

 

純正ケースとの比較

左 : 純正ケース

右 : SmallRig ケージ

 

DJI Osmo Action を入れてみます

背面からこの感じでケージに入れます。

 

六角レンチで上部左右のネジを締めます。

 

正面からの図。

 

ちなみに前面部分は取り外し可能です。

 

NDフィルターを使用する場合に使用しますが

 

DJI Osmo Action は純正のNDフィルターがありますので

自分はそちらを購入して使うかなと思っています。

 

ND1000 とか使いたい場合は取り付けて

使用する感じになりますね。

 

created by Rinker
DJI
¥4,860 (2022/01/22 05:30:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

純正ケースからSmallRigケージに変更した理由

これは一番の理由になります。

写真の通りですが、ケージを付けたままでバッテリー交換が出来ること。

 

そして側面の開閉も可能になるのでUSB給電しながらの撮影もこれで可能になります。

(Micro SD カード、電源部分が剥き出しになるので雨天使用時は注意してください)

 

この2点が何故か純正ケースでは出来ないんですよね。

 

DJI Osmo Action は正直かなり気に入ってまして

プライベートでも仕事でもガンガン使っているだけに

 

毎回、ケースだけが残念だなと思っておりました。

 

このタイプのカメラはバッテリーが持たないのが前提なので

特にUSB給電しながらの撮影は必須と言いますか

 

仕事の場合、人が入りにくい場所で定点撮影で設置とかが多いので

このゲージはかなり重宝します。

 

DJI Osmo Action 系のアクセサリーは今後も増えていくと思うので

また記事にしてけたらと思います。

 

それではまた

 

AD