[レビュー] SIGMA 24 – 105 F4 DG OS HSM Art & SONY a7iii @ 深大寺

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

今回は SIGMA 24 – 105 F4 DG OS HSM のレビューとなります。

 

外観から

筐体は太めでレンズの回転方向はCanon方向です。

 

SIGMA 18 – 35 F1.8 との大きさ比較。

同じArtラインなのでデザインは似たり寄ったりですが

 

18 -35 の方が断然細いですね。

 

重さですが

 

18 – 35 / 810g

24 – 105 / 885g

 

となっておりますので

 

24 – 105 の方が重いのですが

 

正直ここら辺になりますと

持った時の印象はさほど変わらないです。

 

とりあえず、どちらも重いです。笑

 

[レビュー] SIGMA 18 – 35mm F1.8 DC HSM Art & FUJIFILM X-T2

[レビュー] SIGMA 18 – 35mm F1.8 DC HSM Art & SONY a7Riii @ 沖縄国際通り商店街

 

created by Rinker
シグマ(Sigma)
¥70,770 (2020/07/07 23:20:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

SONY a7iii に装着した図です。

 

MC-11 を経由してますので

大きさは感じますが、24 – 105 のレンジを考えるとこんなもんでしょう。

 

購入した理由

・取材及び、インタビュー撮影用に一本で済むレンズを用意したかった。

・SONY / FUJIFILM のデュアルマウントでレンズ資産を共有したい。

(SONYはMC11/FUJIFILMはFringerにて使用可)

・出張時のサブ(予備)レンズとして。

 

ここら辺が主な理由になります。

 

簡単な実写編レビュー @ 深大寺

※ JPG撮って出し、web用にリサイズのみ。

カメラボディはSONY a7iiiを使用。ピクチャーコントロールはスタンダートで調整なし。

 

この2枚の風鈴の写真は両方とも望遠(105mm)で撮ってるので

ある程度はボケますが、F値が4なので

 

ボケを活かした画作りとかに向いてるレンズではありません。

 

ただ 24mm 〜 105mm と言うレンジでF4通しなので

 

ルポとかの撮影で1本で次から次に撮っていくっていうのには

非常に向いてるレンズであります。

 

 

普通に綺麗に写るレンズですが

少し右側のボケの煩ささ(ザワザワ感)が気になる部分もあります。

これも右奥のザワザワ感がちょっと気になりますね。

四隅なので流れてる部分もありますが。

 

先述しましたがボケを活かすレンズではないので

仕方ない部分も大いにあります。

 

 

Youtube

 

まとめ

・SIGMAらしく高解像度で良く写るレンズ。

・ボケは綺麗とは言い難いが便利ズームとしては優秀。

・レンズ解放での四隅光量落ちは顕著。半段〜1段絞ると改善する。(白バックで人物撮影とかの時はF5〜が推奨)

・ピント面は非常にシャープです。色、艶よりもひたすら解像って感じが使ってると伝わってきます。(これはSIGMA全般に言えることですね)

・レンズ単体で800g を超えてるので正直重い。

・フィルター経は82mm なので大きいなって思う。せめて77mmにして欲しかった。

・APS-Cクロップで150mm相当まで撮影可能なのでルポには非常に便利。

・a7iii との相性はとても良いのですが、a7Riii だとピントがかなり迷う。(理由は不明)

 

こんな感じでしょうか。

 

SONYユーザーの場合、純正の24-105も良いと思いますが

FUJIFILMとレンズ資産共有の部分もあり

 

自分はSIGMAの24-105を購入いたしました。

 

軽さで言うとSONY純正の方が断然軽いですが

SIGMAレンズのカリカリ感が好きな方でズームを探してる方は良いと思います。

 

自分自身もこれは買って良かったなって思ってる1本です。

 

それではまた

 

created by Rinker
シグマ(Sigma)
¥82,500 (2020/03/29 12:55:57時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
ソニー(SONY)
¥111,800 (2020/07/07 20:56:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

AD