toggle
2018-12-29

Nikkor Ai-s 28mm F2.8 を購入いたしました!

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

元Nikonユーザー、現SONY&FUJIFILMユーザーの自分ですが

最近、久々にNikonのMFレンズ 28mm F2.8 を購入致しました。

外観レビュー

非常にクラシック。カッコイイ。

30年前に発売されてるレンズなのでそりゃそうですね。

 

とは言えこの Nikkor Ai-s 28mmF2.8 はディスコンにはなっておらず

現行モデルで今でも作られているので、状態から見ると

 

最近に製造されたものか、前所有者の方がとても丁寧に扱っていたかになるかなと。

 

全く使ってないんじゃないかってくらい

綺麗な状態で中古店に置いてありました。

 

SONY&FUJIFILM ユーザーなのに何故、Nikon 28mm を購入したのか?

 

まず何故28mmなのかって部分から書かせて頂こうと思います。

 

今現在、ワイドから標準域で所有してるSONYレンズのラインナップなのですが

 

Vario-Tessar T* FE 16-35mm F4

Sonnar T* FE 55mm F1.8

ソニー純正 FE 85mm F1.8

 

こちらの3本になります。

 

自分の場合、仕事でもプライベートでも広角と超望遠以外でズームって

使用しないので、実は標準域でのズームレンズと言うのは所有しておりません。

 

正直、この3本で困らないのですが

撮影中にワイドを落として壊してしまったら

それは若干のピンチだなと。

 

その為に予備の意味も含めてワイド系の単玉を用意しておこうと思った次第です。

 

28mm の理由ですが

 

これは自分がこの画角が結構好きと言うか得意な画角なんですね。

35mm も好きなんですけど

 

50mm(sonnarの場合は55mm)との併用を考えると

35mmじゃ引きが物足りないとなります。

 

ただこれは人によって全然変わってくるので

自分にあった(得意な)画角を見つけてください。

 

自分の場合 28mm / 50(55)mm / 85mm が鉄板ラインになりますが

友人の場合は 35mm / 105mm / 135mm がそれに当たったりもしてます。

 

この違い、写真をやってる方なら、凄い分かってくれてると思います。(笑)

 

候補に上がったレンズ。

 

 

Carl Zeiss DISTAGON T*2/28mm ブラック ZF.2 (ニコンCPU内蔵マウント対応) DISTAGONT2/28BKZF2
カールツァイス (2010-05-15)
売り上げランキング: 702,193

 

まず候補に上がったのかコシナツァイスの Distagon 28mm F2。

コシナツァイスはマクロプラナー50mmで完全に好きになったので

これが第一候補でありました。

 

ただこちらはディスコンのため、中古店で見つけても

結構早く売れてしまい、中々タイミングが合わずでした。

 

あと別の理由で見送った部分もあるのですが

それは後述します。

 

 

 

Contax Distagon 28mm F2.8 AEJ

Contax Distagon 28mm F2.8 AEJ

posted with amazlet at 18.12.11
コンタックス
売り上げランキング: 1,086,893

 

次の候補に上がったのがヤシコン時代の Distagon 28mm。

これはAEJでもMMJでもなんでも良いけど結構欲しいなと。

 

と言うか、正直今でも欲しいので

今後買う可能性が高いです。(笑)

 

今回見送った理由としては

アフターサービスの問題でヤシコンってもう事業自体が撤退してるので

あっても個人店などの修理だけなのです。

 

趣味で使う分にはそれで良いんですけど

仕事で使う分だと代替えなどを考えた際に、少し心配だなと。

 

ただヤシコンに関しては50mmか28mmかは

来年中に投入してると思います。(笑)

 

 

続きましてSONY純正の28mmF2。

このレンズ、銀座のショールームとかで触っただけですが

普通に買うならこれが一番良いと思います。

 

AF速度も精度も申し分ないですし

 

ワイコンと魚眼のコンバーターもキットもあるので

1本のレンズで3本分楽しめるし

 

これはこれで良いなと思いました。

 

で、なんで今更Nikonなの?

まずNikonユーザーだった時代にずっと気になっていたレンズの一本でした。

ですが、購入する前にFUJIFILMにマウント移行をしてしまったので

 

このレンズは一旦棚上げとなってしまったんですね。

 

ただSONYを導入したことによって

アダプター経由でそのままの画角で使用出来るのと

 

FUJIFILMで使う場合も40mm前後となりますが

これはこれで出番が大いにあるなと。

 

そしてこちら。

 

海外の方ですが、撮り比べをしてくださった方がおりまして

めっちゃ参考にさせて頂きました。

 

主観で書かせて頂きますが

 

Nikonの方がシャドーが潰れ気味で、色もコッテリ傾向。

Distagonの方が全体的にサラッとしてるなと。

 

正直、どちらも今の時代、後処理で何とでもなるのですが

自分は28mmに関してはNikonの方が好みだったんですね。

(とは言えヤシコンの28mmはきっと買うと思う。笑)

 

どちらもシャープなレンズであることに変わりないですし

どちらを購入しても、きっと満足度は高いと思いますが。(笑)

 

とりあえずa7Riiiに装着してみました。

オールドレンズかっこいい。

 

実写編は後日、記事にいたします。

 

※ 追記 スナップしてきました!

 

 

それではまた

 

 

Nikon 単焦点レンズ AI 28 f/2.8S フルサイズ対応
ニコン
売り上げランキング: 202,618

 

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3
ソニー (2017-11-25)
売り上げランキング: 159,433

 

 

関連記事

コメント1件