[レビュー] アルカスイス互換 INPON クイックリリースプレート

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

 

今回は SONY a7シリーズ と FUJIFILM XF100-400 で主に使用しております

アルカスイス互換 INPON クイックリリースプレートのレビューとなります。

まず外観と言うか見た目から。

これだけだと何に使うのかいまいち分からないかと思いますが

 

主に三脚使用時にカメラに付けたり

望遠レンズの三脚座につけたりするものになります。

 

こんな具合ですね。

 

プレート部分のアップ。

 

記事のタイトル通りアルカスイス互換となってますので

非常に使い勝手が良いのも特徴です。

 

こっちに慣れると通常の雲台が煩わしく感じてしまいます。

 

こちらは超望遠レンズ FUJIFILM XF100-400mm となりますが

このレンズは三脚座がとても小さいのです。

 

こんな具合。

 

レンズの焦点距離と重量を考えると

もう少し大きくしてもらった方が良いと言うか

 

自分の場合、スナップ撮影で手持ちで使う時に

この三脚座を取っ手変わりに持つことが多いので

 

このサイズ感だと心許ない部分がありました。

 

ですので三脚座にこのプレートを取り付け

撮影時に取っ手かわりとしております。

 

三脚座部分のアップです。

これがあるだけで大分持ちやすくなります。

 

ちなみにですが、望遠を三脚で使用する場合、ボディ側ではなく

写真の通り、レンズ側で固定するとバランスが取れてとても良いです。

 

と言うかこれが三脚座の正しい使い方になりますので。笑

 

アップだとこんな具合になっております。

 

実はFUJIFILM純正でも同じものがあるのですが

それはいかんせん高いのです。

 

created by Rinker
富士フイルム
¥4,300 (2020/10/25 09:49:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

確かこれだけで¥4,000だか¥5,000だかします。

 

created by Rinker
INPON
¥999 (2020/10/25 09:49:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

でもこちらのINPONのものだと¥1,000程度です。笑

この価格差は一体なんでしょうね。

 

以前は純正マニアと言うか

 

ストロボやアクセサリーやレンズもですが

純正品じゃなきゃダメだみたいな風潮もありましたが

 

何だか最近はそうゆうのが

 

良い意味で薄れてきてるなって

感じてます。

 

ほんの5,6年くらい前って

SIGMAとかTAMRONレンズを使ってると

 

「サードパーティーレンズなんて使うなよ」

 

って良く先輩カメラマンに言われてましたが

今の時代、SIGMAのArtラインとか皆さん凄い使ってますからね。

 

時代は変わっていくものです。 笑

 

それではまた

 

created by Rinker
富士フイルム
¥220,000 (2020/10/25 09:49:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
INPON
¥999 (2020/10/25 09:49:05時点 Amazon調べ-詳細)

 

AD


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。