[PR] 動画編集初心者におすすめソフト! EaseUS Video Editor レビュー

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

今回は動画編集初心者におすすめのソフト EaseUS Video Editor のレビューとなります。

 

EaseUS Video Editor の使い方 (立ち上げ〜インポートまで)

まずソフトを立ち上げた状態です。

どの比率(フォーマット)で動画を編集したいかが直感的に分かる作りになっております。

 

通常の編集でしたら真ん中の16:9を選択して頂ければ大丈夫です。

 

こちら編集画面です。

 

初見の印象としてプレミア(エレメンツよりかな?)に似た作りになっていると感じました。

つまり、初心者にも扱いやすい動画編集ソフトと言うことになります。

 

ファイルのインポート方法は、ドラッグアンドドロップでも可ですが

赤枠のインポートから選択しても大丈夫です。

 

インポートしたいファイルを選択します。

 

素材として読み込まれたら上の赤枠内の+マークをクリックして頂ければ

シーケンスに反映されます。

 

EaseUS Video Editorで出来ること

ツールバーの鉛筆マーク(中段赤枠)を選択すると

クリップの再生速度の変化、逆再生、回転、コントランスト、彩度の調整などが出来ます。

 

その隣のハサミマークを選択すると

クリップをカットすることが出来ます。(素材を不要な部分をカット出来ます)

 

あとは素材をクロップ(トリミング)したり音声を文字変換したりということも可能です。

 

赤枠のオンライン素材の項目の中にタイトル用などのフリーの素材が入っております。

 

そして下のミュージックの項目内に同じ様にフリー音源が入っているので

スライドショーや映像作品に音を当てるなど様々な使い方がインストールしただけで

出来る状態になっております。

 

これは中々便利ですね。

 

動画の書き出しですが、ツールバーの出力をクリックして頂くと

こちらの画像が表示されます。

 

拡張子ですが MP4 / AVI / WMV / MKV / MOV / GIF とそこそこ選べる範囲が広い印象です。

通常使用ならMP4を選択して頂ければ大丈夫です。

 

コーデックはH.264 / HEVC / MPEG4 になりますが

こちらは何か理由がなければ H.264 でOKだと思います。

 

出力サイズに関してはフルHDまでとなっておりました。

民生ではよほど好きな方かマニア的な方とかでないと4Kってやらないと思うので

 

フルHDまで対応していれば必要充分な気がしますね。

 

EaseUS Video Editor を使ってみての感想

・非常に直感的に出来ており、初心者に扱いやすい動画編集ソフト。

・これから動画をやりたいけど、Premiere Pro , Finalcut , Avid などは難しそうと感じてる方向け。

・年間で3590円〜なので、低予算で動画編集を始めたい方にはとてもおすすめ。

・カット編集など一般的は編集作業は出来るので、そこまで拘らないのであれば問題なく使えます。

・Premiere Pro などに慣れてる方は、逆に簡易的になり過ぎてるので、少し扱いにくいかもしれません。

(多分、Premiere Pro などのユーザーはこの製品を届けたいユーザーでは無い気もしますが…)

・エフェクトなども入っているので一通りの編集作業が低価格で可能。

・PC環境が windows のみなので、Mac版も今後リリースされたらMacユーザーも使えるのになと。

 

箇条書きとなりましたがザッとこんな感じでしょうか。

 

一言で言うと

 

「低価格なんだけど実は結構使える初心者用の動画編集ソフト」

 

になるかなと思います。

 

言葉尻だけを取るとあまり良い印象ではないかもしれませんが

この価格でこんだけ出来るのは素直に凄いと思っております。

 

なのでMac版もリリースすれば良いのになと。

 

iMovie に使いにくさを感じてる方は

このソフトを使うと結構解消されると思うので。

 

気になった方は是非使ってみてくださいね。

 

それではまた

 

動画編集ソフト EaseUS Video Editor  (ダウロード)

https://jp.easeus.com/multimedia/video-editor.html

 

created by Rinker
EaseUS
¥8,800 (2020/10/29 01:50:12時点 Amazon調べ-詳細)

 

AD