[Google Adsense]まんが王国とかのキチガイ広告をブロック(掲載拒否)する方法。

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

 

今回は、撮影機材系ではなく

ブログ運営者向けの記事になります。

 

何かと申しますと

 

Google Adsense 広告で表示されるキチガイ広告(まんが関係)がウザいので

それを掲載拒否にする方法と、した方が良いと思われる理由を書こうと思います。

まんが王国、Renta、BookLive とかの広告がキチガイで気持ち悪すぎる件。


この類の広告を見たことある方も多いと思いますが

個人的に物凄く嫌いと言うか

 

「マジでクソだな」って思ってます。

 

確かに目は引くし、まぁ好きな人は好きなジャンルなんでしょうが

 

このブログで、キチガイな記事を書いてるつもりもありませんし

そもそも漫画は読まないので

 

こんな広告、配信するなよって思ってました。

 

主に自分のサイトで掲載拒否してる広告として

 

・まんが王国

・Renta

・BookLive

 

になりますが

 

最近、ブロックしてるにも関わらず漫画系の広告が配信されてたので

見てみると「マガポケ」と言う

 

少年マガジン系のものでした。

 

スクショは掲載しませんが

 

「クッソ不快だわ」って内容のものだったので

当たり前のように掲載拒否させて頂きました。

 

不快な広告をブロックした方が良い理由。


運営者、読者の両方の観点から見ても

 

・普通に見たくない

・キモい

・ウザい

・胸糞悪い

・ブログデザインと言う観点からも不快

・存在自体が不快

 

と言うか本当不快。

 

あまりアクセス数とかに拘りは無い方なのですが

影響はあるだろうなと思います。

 

実際、自分も以前は好きで読んでいたブログで

広告管理を全くしてない運営者さんのブログを

 

読みにいかなくなったことがありました。

 

なので、ブログのアクセス数、収益に力を入れてる方は

やっぱ広告管理は行って頂いた方が良いと思います。

 

不快な広告をブロックする方法。


Adsenseの管理ページから

 

・広告レビューセンターを(※1)クリック

・ブロックしたい広告が見つかったら(※2)をクリックしてブロック

 

これが一番簡単だと思うのですが、こちらの方法ですと

ブロックしたい広告まで辿り着くのに時間がかかってしまう場合もあると思うので

 

もっと簡単な方法を書いておきます。

 

1.  すべてのサイトをクリック

2. 拒否したいサイトのアドレスを入力(コピペ)

3. URLをブロックをクリック

 

以上で終了です。

 

ちなみに拒否したいアドレスですが

メインのアドレスのみを入れればサブドメインはいれなくてもブロックされております。(2019年9月現在)

 

まとめ。


以上となりますがいかがでしたでしょうか。

 

先述した広告や出版社に敵意は無いのですが

単純に自分の趣味趣向(このサイトの趣向からも)大きくはずれており

 

イメージ的に全く合ってない広告が配信されてたので

ブロックいたしました。

 

個人でも法人でもある程度、ブランディングなどに

気を配ってるサイトさんはやっぱ広告管理は適宜行っていった方が良いなと思いますし

 

自分自身も、不快な広告がこのサイトから流れるのは嫌なので

今後もチェックしていこうと思います。

 

それではまた

 

AD


>NOKT

NOKT

PHOTOGRAPHER
YOSHINOBU NAGASAKA

映像編集の会社を経て、スチールカメラマンとして独立。
自然光を活かした撮影を得意としています。
都内大手式場にて婚礼撮影を主に学び、並行して医療誌、地域情報誌他、ライブイベントなどの撮影を始める。
現在、企業案件(社内報,広報誌,機関紙)、ホームページ用各種出張撮影、ウェディング、ポートレイト、講演会、企業イベントなどを主に撮っています。 撮影依頼、お問い合わせはコンタクトページ​よりお願い致します。

CTR IMG