[レビュー] FUJIFILM XH1 購入者限定 ARTISAN & ARTIST for X(コラボバッグ)

こんにちは。カメラマンのナガサカです。

今回、FUJIFILM XH1 購入者限定 ARTISAN & ARTIST for X(コラボバッグ)を

友人から譲り受けましたので、そのレビューをしたいと思います。

ARTISAN&ARTIST for X のタグ。

 

ほぼ使ってないんだよねと友人もいってましたが、本当使ってない具合が半端ないですね。

普通に使用していたらタグってもっと汚れますもんね。

 

上からの図。

 

カメラを入れてみる。

 

内容物を書きますと

 

  • SONY a7iii + Sonnar 55mm F1.8
  • SONY a7iii ボディーのみ

となります。(FUJIFILMのバッグなんだからX-T2入れて撮れば良かった。笑)

 

えーちなみにこのバッグ、この程度で軽くパンパンなくらい小さいです。

あとは、クリップオンストロボを寝かせて入れれるくらいかなぁって感じ。

 

フロント部分に財布とコンデジ(SONY RX100M3)

 

サイドポケットもありまして

こちらもコンデジが入るくらいです。

 

ちなみにサイドポケットは両サイドにあります。

 

あと後ろにもスペースがあるのですが

これは普通の本のサイズがこのまま縦入れならいけるかなぁと。

 

こんな具合ですね。

タブレットなどの薄めのものなら横入れでも全然問題なく入りそうです。

 

ちなみに森山大道さんの通過者の視線とても良いので

気になった方は是非。

 

通過者の視線

通過者の視線

posted with amazlet at 19.01.10
森山大道
月曜社
売り上げランキング: 426,185

 

イベントスナップやスタンドやアンブレラが必要ない系の撮影で良く使用している

HAKUBAのカメラバッグとの比較。

 

めっちゃ小さいですね。

 

ARTISAN&ARTISTのカメラバッグのレビューだと言っておいてあれですが

実はHAKUBAのカメラバッグって一番使いやすいと思っております。

 

シンクタンク,ロープロ,ドンケ,バンガード,マンフロット,クランプラーなどなど

 

結構カメラバッグは買って、売って、捨てて、人にあげたりをしてきましたが

 

HAKUBAってデザイン少しダサイけどコスパ良いし、結局使いやすいよねとなります。

 

 

このバッグ表面が昔のポーターっぽいツルツルした加工で(伝わってますかね?)

雨に強いので、実は稼働率が一番高いバッグかもしれません。

シッカリと密閉出来て機材も守れますし。

 

 

リュックの時はVenqueのを使用してますが

これはこれで良いです。

 

 

と他社のカメラバッグの話をしてしまいましたが

それには少し理由がありまして

 

ARTISAN&ARTISTってぶっちゃけ高くないですか?

ってか高いですよね。

 

 

これ多分、コラボ品の原型と言うか

タグが違うだけだと思うのですが普通に買うと¥28,000くらいしてます。

 

ヨドバシとかに行ったさい、少し触ったりしましたが

 

「デザインは良いけど、機能の割にコスパ悪いな。

と言うかブランド料とりすぎ」

 

と言うのが素直な印象で

 

これは譲り受けておきながら

実はこのままの印象です。笑

 

このバッグ、上はチャックで閉まりますが

密閉タイプではないんですよね。

 

なので雨に降られたら確実に機材が濡れます。

 

あとサイズの問題もありますが

中敷を入れるタイプ(バッグinバッグ状態)なので

 

収納性が思ったより低い。

 

譲ってくれた友人の場合、かなり機材のコンデションや扱いには

気を配ってるタイプの人間なので

 

そりゃ使わないだろうなと納得。笑

 

自分は結構、機材酷使させますし

そこまでデリケートに扱わないタイプですが

 

それでも、ちょっとこれにメイン機材(ボディ)は入れないかなぁと思います。

 

ただ散々ディスっといてなんですが

 

このサイズ感、中敷を抜いちゃえば

現場バッグとしてはめちゃ使えるなと。

 

あと機材が多くキャリー移動の日の

サブバッグとしてのサイズ感なら申し分ない。

 

それと飛行機移動の際、機内持ち込みで

分けて入れたい場合に良いサイズ感だなと。

 

そんな理由で譲りうけました。(断捨離してるのに!)

 

要らなかった捨てて良いからとのことでしたが

それはこれからもうちょい使ってみての判断ですね。笑

 

でもデザインは素直に良いなと思っております。

 

それではまた

AD


>NOKT

NOKT

PHOTOGRAPHER YOSHINOBU NAGASAKA 映像編集の会社を経て、スチールカメラマンとして独立。 自然光を活かした撮影を得意としています。 都内大手式場にて婚礼撮影を主に学び、並行して医療誌、地域情報誌他、ライブイベントなどの撮影を始める。 現在、企業案件(社内報,広報誌,機関紙)、ホームページ用各種出張撮影、ウェディング、ポートレイト、 講演会、企業イベントなどを主に撮っています。 撮影依頼、お問い合わせはコンタクトページ ​よりお願い致します。

CTR IMG